• Michie

ネガティヴは反対?

ネガティヴですか?

ポジティブですか?


私はとてもネガティヴです。と、堂々と言ってはいけないことかもしれませんが。。。


いつも笑っていよう!

元気な人がみんな好き!

前向きに生きていこう、そうすれば未来は明るい!

後ろ向きな言葉に前進はない!

明るい言葉が未来を願いを叶える!

そんな言葉をどこもかしこもで見かけて、その通りだなぁ、と常々思うのです。


それにもかかわらず、なかなかポジティブ一本で生きていくのは難しいことだと思うのです。

何もかもが順調で、誰も彼もに愛されて、やる事なす事成功、そんな人生もあるのかも?あまりないのかも?


ネガティヴ思考の勝手な言い分ですが、100%の順調は成長が遅いような気もするのです。そして失敗に弱いような気もするのです。


私は、ああ、これはダメかも、こういう事態が起こってしまうかも、もしもこんなこと起きたらどうしよう、きっと起こるに違いない、、、

そんなことを常に思ってしまうタイプなのですが、辛いのでとりあえず対処方法を考えるのです。


ピアノの発表会で緊張して、頭が真っ白になって、途中で手が止まって、呆然として、恥ずかしさのあまり泣きたくなる、、、に違いない、といつも思うので、

とりあえず楽譜を舞台に持ち込ませてもらおう、手が止まったら楽譜を開こう、最初から弾きなおしてもいいか聞いておこう、最後までいけたらよしとしよう、、、 そんなことをいろいろ準備して、そうして本番に突入するのです。


お料理をお出しするときは、

きっと持っていくときに落とすに違いない、準備中にひっくり返すかも、どなたか気持ちが悪くなるかもしれない、変わった食材だから嫌がられるかも、このお茶はお客様の口に合わないかもしれない、熱すぎて火傷する方がいらっしゃるかも、、、


なので、もちろん予備を何十個も準備します。合間合間で皆さまの様子をお聞きします。変わった食材をとりあえず口にしていただくために、どれだけ魅力的か伝える準備をします。


味がイマイチな場合は、その効能をアピールします。何度も試飲して熱さを確認します。


そして、、、もちろん必ず失敗があります。これはもう常です。完璧なんてどうやってもたどりつかないものです。それでも、自分の準備不足での失敗だけは避けたいものだと思うのです。


失敗は、次の日にはしないように必ず対策をします。次の週にはレベルアップしていると自負できるように。

四週間たって振り返ると、ああ、ごめんなさい、一週目のお客さま、随分できの悪いものをお出ししていました、と感じることも常です。


こうして私のネガティヴ生活は回転しているのです。


しかしそれにしてもネガティヴは苦しいので、なんとかポジティブになりたいものです。


非難されることの多いネガティヴ思考、あなたは反対派ですか?