• Michie

片付けのススメ

きっとお料理を仕事にしていなかったら、片付けの仕事についていたに違いない、と思うほど、片付けが好きです。


得意です!と言ってもきっと誰も否定しないでくれると思うのです。


ちょっと病的?と言われたこともあります。余計なお世話です。


とにかく全てが決まった場所に収まって、雑然とせず、使いやすく、スッキリと、シンプルに、統一感ある、これがもう抜群に心地良すぎる求める空間なのです。


そんなわけで、パーフェクトではないながらも、もしも参考になるご提案ができたら、と思い、三つほど。


1. 色数を抑える。どんな場所も、三色くらいまでに抑えると、もう物が出ていても、雑然と置いてあっても、あたかも意図的?に見えます。ここで70%はスッキリ気分。

2. 揃える。例えばフォークの向きを揃えて入れる、とか、積んである本の角を揃える、とか、とりあえず出ているものを仕舞う余裕がないなら、揃えて置く、これで、雑然と感はなくなります。今まさに使うために置いてるんです、となるのです。


3. ステキな隠し場所を作る。それでも物があふれかえっている場合、隠すのが一番手っ取り早いのですが、例えば、その隠すための入れ物が部屋に似合っていないと、結局、隠していますボックスになってしまうのです。

隠しボックスこそ、部屋に似合うものを選びましょう。ステキなスツールが実は収納を兼ねている、とか、帽子が入っていそうな丸い可愛いボックスに、鉛筆やら輪ゴムやらなんでもとにかくテーブルに出ているもの全て入れこんでしまって、三段に積む、とか。


最終的には、この後片付けにとりかかるのがおススメですが、ここまでくれば、もうあと少しです。


物を減らすのが、この三つよりももっと手っ取り早く最高に片付くには違いないですが、気合いと時間がもちろんいるので、まずは、こんなことに取り組んでみてはいかがでしょう?