• Michie

#129 / Vegan Red Velvet Muffin / ヴィーガン レッドベルベットマフィン


たっぷり入ったビーツのおかげで、赤くて可愛いしっとりマフィンです。


本来レッドベルベットケーキは、昔のココアパウダーが酸性の成分を加えることで変色してほんのり赤くなったココアケーキのことだそうです。

現在は、着色料で真っ赤に染めているものがレッドベルベットケーキの定番スタイル。

でも、ケミカルな着色料を使わず、ビーツでほのかにピンク色をつけるほうが、ずっと体にも優しくて、ヘルシー度もアップ。


今回は、美味しいビーツのピクルスを作り、それを使ってケーキを焼きました。

私はいつもこのピクルスを冷蔵庫に作り置きしています。そのま食べても美味しいし、サンドイッチやサラダに入れたり、いつでも使えます。


重曹を加えると、そのアルカリ成分で、ビーツのポリフェノールの赤い色が茶色くなってしまうので、今回はベーキングパウダーのみで作っています。

ですが、重曹はピクルスの酸性成分と反応してふんわりさせてくれるので、今回のベーキングパウダーの分量を、ベーキングパウダー(小1/2)と重曹(小1/4)に置き換えて作ると、色はココア色になってしまいますが、よりふんわりしっとりしたマフィンになります。私は重曹入りのほうが食感が好みです。

色重視ならベーキングパウダーのみで、ふんわり感重視なら重曹をプラスして、と作り分けてみてくださいね。

ベーキングパウダーは水分と混ざるとすぐに膨らみ始めるので、DRYとWETを混ぜたらすぐに焼けるように準備しましょう。


ベーキングパウダーだけでも、重曹入りでも、どちらも実は焼きたてが一番ふわふわで美味しい。

今回はクリームを絞るので、冷まさなくてはなりませんが、焼きたてを一個頬張ってみてくださいね。

焼きたてを出したいけどクリームも添えたい、というときは、上に絞らず、器に入れてマフィンに添えて。


カシューナッツ豆腐クリームは、絶品クリームです!

軽くてとろけるソフトクリームのような食感。硬すぎず、ゆるすぎず、ほんとに美味しくて使いやすいクリームで、オススメです。

もう少しクリームチーズのように重たいクリームにしたい場合は、豆腐を加えずにカシューナッツ100gで作ってみてください。

クリームのりんご酢をビーツのピクルス液に置き換えて、ピンクのクリームにしても可愛いです。

焼いたり茹でたりしたビーツを、ピクルスにしないでそのまま使うこともできます。

その場合は、レモン汁をピクルス液代わりに入れてください。


マフィンもクリームも、白いお砂糖に変えると、もちろん色はより綺麗にでます。


---------------------------------------------------------------------------------------

”ビーツのピクルス”

材料 (500ccの瓶)

* ビーツ 小4個程度

* りんご酢 100cc

* 水 100cc

* メープルシロップ 大2/3

* 塩 小1/2


作り方

1. ビーツは180度に予熱したオーブンで、45-60分、串がスッと通るまで焼く。

2. 皮をむいて、5mm幅程度にスライスする。

3. ピクルス液を瓶に作り、ビーツを入れ、冷蔵庫で保存する。



”ビーツのマフィン”

材料 (小さめマフィンカップ8個分)

WET

* 豆乳 80cc

* ビーツのピクルス(刻む) or 加熱したビーツ100g

* ビーツのピクルス液 or レモン汁 大1

* 植物油 60cc

* バニラエキストラクト 小1

DRY

* 薄力粉 130g

* 砂糖 80g

* ココアパウダー 大1

* ベーキングパウダー 小1

* 塩 少々


作り方

1. オーブンを180度に予熱する。

2. WETの材料をブレンダーにかけてなめらかにする。

3. ボールにDRYの材料を混ぜ(ダマがある場合はふるいにかける)、WETを加えて粉が見えなくなるまでさっくり混ぜる。

4. すぐにマフィン型に流し、180度のオーブンで20分焼く。

5. しっかり冷ます。



”カシュー豆腐バニラクリーム”

材料 (約300cc)

WET

* カシューナッツ(一晩浸水する) 60g

* 絹豆腐 60g

* 豆乳 80cc

* ココナッツオイル 100cc

* メープルシロップ 大2

* バニラエキストラクト 小1

* りんご酢 小1

* 塩 少々


作り方

1. 材料をブレンダーにかけてなめらかにし、冷蔵庫で絞れる硬さになるまでしっかり冷やす。


--------------------------------------------------------------------------------------

The beetroots make these moist muffins red and lovely.

Originally, it is said that red velvet cake was a cocoa cake which turned slightly red with the cocoa powder (different from that of nowadays) adding acidic ingredients, turning it slightly red.

Nowadays, the standard style of red velvet cake is one that is dyed bright red with food coloring.

However, it is much healthier to use beetroots to add a subtle pink color without using chemical coloring.

In this time, I made a delicious pickled beetroots and baked the cake with it.

You can also use this pickles for sandwiches or salad. I have it in a fridge always.


I used baking powder, because the alkaline component of baking soda causes the red color of the beet polyphenols to turn brown.

However, baking soda reacts with the acidic component of pickles to make them fluffy, so if you replace the amount of baking powder this time with 1/2 a small amount of baking powder and 1/4 a small amount of baking soda, the color will be brown, but the muffins will be more fluffy and moist. I prefer the texture with baking soda.

If you prefer the red color, use only baking powder; if you prefer the fluffiness, add baking soda.

Anyway both baking powder alone and with baking soda are actually the fluffiest and tastiest when freshly baked!

Baking powder begins to puff up as soon as it mixes with water, so be ready to bake as soon as you mix DRY and WET.


Cashew nut-tofu cream has a light, melt-in-your-mouth texture. Delicious cream I highly recommend.

If you want a cream that is slightly heavier, like cream cheese, try making it with 100 g cashews without adding tofu.

You can also make a pretty pink cream by replacing the apple cider vinegar in the cream with beet pickle juice.

If you prefer to use the baked or boiled beetroots as they are, instead of pickling them, add lemon juice in place of the pickling liquid.


Of course, the red color of the muffins and cream will be more bright if you replace the brown sugar or maple syrup with white sugar.


--------------------------------------------------------------------------------------

”Pickled beetroot”

Ingredients (for a 500ml glass jar)

* 4 small beetroots

* 100cc apple cider vinegar

* 100cc water

* 2/3 tbsp maple syrup

* 1/2 tsp salt


Instruction

1. Bake beets in a preheated oven at 180°C for 45-60 minutes, until a skewer easily pierces through.

2. Peel and slice into 5mm pieces.

3. Make a jar of pickling liquid, add the sliced beets and store in the fridge.



”Beetroot muffins”

Ingredients (For 8 small muffin cups))

WET

* 80cc soy milk

* 100g pickled beetroots (chopped) or baked beetroots

* 1 tbsp pickling liquid or lemon juice

* 60cc vegetable oil

* 1 tsp vanilla extract

DRY

* 130g cake flour

* 80g sugar

* 1 tbsp cacao powder

* 1 tsp baking powder

* a pinch of salt


Instruction

1. Preheat the oven at 180°C.

2. Blend the WET ingredients in a blender until smooth.

3. Put the DRY ingredients into a bowl, mix well (If there are lumps, sift them). Add the WET mixture and mix gently until no powder is visible.

4. Pour the batter into muffin cup immediately and bake in oven at 180°C for 20 minutes.

5. Let cool completely.



”Cashewnut-tofu cream”

Ingredients (about 300cc)

WET

* 60g cashew nuts (soaked overnight)

* 60g silken tofu

* 80cc soy milk

* 100cc refined coconut oil (melted)

* 1 tbsp maple syrup

* 1 tsp apple cider vinegar

* 1 tsp vanilla extract

* a pinch of salt


Instruction

1. Blend all the ingredients in a blender until smooth.

2. Refrigerate until firm enough to squeeze.