• Michie

“Japanese sweets 3 Kingyokukan in summer (agar sweets) / ヴィーガン和菓子3 夏の錦玉羹”


夏は涼しげな錦玉羹も、お茶席では必須のお菓子。


川辺の小石や魚が泳ぐ様子も可愛い錦玉羹は、甘納豆や羊羹を使えば簡単に作ることができます。

(小石には、練り切りを使うといろいろな柄やバリエーションがきくのですが、練り切りを準備するのもまた少し手間がかかるので、練り切りはまた別のビデオでいつかお伝えします。)


粉寒天は、メーカーによって固まり具合や量が違うことがあります。

私は少なめの量で作っています。

作ったその日の柔らかさを理想に作っています。タッパーに入れて冷蔵庫で保管してください。次の日は少し水がでます。

固く作ると水はでにくくなりますが、コリコリした食感になります。固めがお好みの場合は、透明の寒天の粉寒天の量を1g増やしてもかまいません。


砂糖も市販のものや一般のレシピよりも少なめの量で設定しています。

お好みで調節してください。


————————————————————————————————————————

"材料" (12個分)


(錦玉羹)

 * 水 300g

 * 粉寒天 2g

 * グラニュー糖 80g


(抹茶羹)

 * 粉寒天 1g

 * グラニュー糖 20g

 * 抹茶 小1/4

 * 水 100g

 * 白あん 70g


 * 甘納豆ミックス 100g


 * 羊羹 3mm幅スライス2枚程度(魚の抜き型で抜く)


“作り方”

1. (錦玉羹)鍋に水、粉寒天、グラニュー糖を入れて混ぜ、火にかける。沸いたら中火にして1分煮る。固まらないように湯煎しておく。

2. (抹茶羹)グラニュー糖に抹茶を混ぜておく。鍋に水、粉寒天、抹茶グラニュー糖を入れて混ぜ、火にかける。沸いたら中火にして1分煮る。火からおろし、白あんを加えて混ぜ、濡らした流し缶に流し入れる。

3. 粗熱が取れてきたら、表面を触って、少し固まって弾力がでてきたら、甘納豆を散らしていれる。

4. 温めておいた錦玉羹をおたまでそっと注ぎ入れ、粗熱を取る。

5. 表面が少し弾力が出て、魚を箸で入れ中間で止まる程度の固さになってきたら、急いで残りの魚も入れる。(12等分の位置を意識して入れる)

6. 冷蔵庫で十分冷やし、12等分にカットする。


---------------------------------------------------------------------------------------

Kingyoku-kan is one of the loveliest Japanese confectionaries.

It is made with agar, sugar and water.

It has a beauty of transparent.

You can combine different colors, or put azuki beans or other special things inside to express summer.


The amount of agar and sugar is less than that of commercially available products and general recipes.

Please adjust to your preference.


---------------------------------------------------------------------------------------

"Ingredients" (12 pieces)


(Kingyoku-kan)

* 300g water

* 2g agar

* 80g glanulated sugar


(Matcha-kan)

* 100g water

* 1g agar

* 20g glanulated sugar

* 1/4 tsp matcha powder

* 70g white bean paste


* 100g several sweet beans


* some yokan (cut out fish with fish mold)



"Instructions"


1. (Kingyoku-kan) Put water, agar, sugar in a pan, mix. Bring to a boil, reduce to medium heat, and simmer for 1 minute. Remove from heat and keep warm using a double boiler (we want to use it immediately, so we don’t want it harden right now.)

2. (matcha-kan) Mix sugar and matcha powder. Put water, agar, matcha-sugar in a pan, mix. Bring to a boil, reduce to medium heat, and simmer for 1 minute. Remove from heat, add white azuki bean paste and mix well. Pour into the mold.

3. Let it cool down for about 5 minutes until the surface is slightly harden.

4. Then gently sprinkle the several sweet beans on the matchakan.

5. Pour the Kingyoku-kan liquid slowly and gently otherwise the beans might move.

6. Let it cool down for about 10 minutes until the surface is slightly harden.

7. Put the yokan-fish into the Kingyoku-kan. (Carefully observe the hardness of the Kingyoku-kan so that the fishes do not fall to the ground)

8. Chill in the refrigerator for 30-60 minutes.